© 2019 by HANA'S MELANCHOLY

VOL.2《深奥と夢鬱 》稽古が開始されました。

HANA'S MELANCHOLY VOL.2《深奥と夢鬱》の稽古が開始されました。

VOL.2公演は短編集。一川華が書き下ろした3本の新作戯曲を、それぞれのチームに分かれて稽古しています。

『プロスティ・ガール』の稽古は4月中旬からスタートしました。

役者1人と演出家1人の稽古場は試行錯誤の連続。ゲスト演出の酒井直行(さかいなおゆき)さんは、主演の田中杏佳(たなかきょうか)さんと言葉を交わし、身体を動かしながら、戯曲の可能性を探っていきます。

こちらは、先月から稽古を開始した『partially』の稽古場です。

​ゲスト演出の太田陽(おおたよう)さんが中心となり、戯曲分析とイメージのすり合わせが丁寧に行われ、早くも『partially』の世界観は確立しつつあります。

『ベッシー/アンド/ベッサー』の稽古も、間もなく開始となります。

こちらは、角田萌夏(つのだもあな)さんと小川哲也(おがわてつや)さんの二人芝居。

『プロスティ・ガール』、『partially』、『ベッシー/アンド/ベッサー』と、全く毛色の違う3つの戯曲が一度に観られる今回の公演。HANA'S MELANCHOLYの新たな挑戦をお見逃しなく。

チケットのご予約はこちらから。