© 2019 by HANA'S MELANCHOLY

HANA’ S MELANCHOLY では本公演の上演に向けて、ワークインプログレスを公開致します。

作品の質向上のほかに、お客様にも制作プロセスに関わって頂くことで 1 つの作品を創ることの楽しさを共有し、

より演劇を身近に感じて頂くことを目的としています。 

​ 過去公演 

京都国際舞台芸術祭フリンジ企画出展作品

TRYOUT READING VOL.1 風

2019.10.5-6|green&garden

特設ページはこちら(外部サイトが開きます)

活動拠点である東京以外の場所でも、積極的に上演を行いたいという考えから、2019年は「京都国際舞台芸術祭」にオープンエントリーし、フリンジ企画の一環として京都を拠点に活躍する同世代の役者達と新作のリーディングを上演いたします。

​ 次回公演    キャスト募集中

TRYOUT READING VOL.2

ジーンを殺さないで

2020.5.2-3|都内劇場にて

特設ページはこちら

2021年初演を目指し、新作戯曲『ジーンを殺さないで』のリーディング発表を行います。今企画では、4日間の稽古を通して公募で集めた俳優と共に《Staged Reading》をWS形式で創作する初の試みに挑戦致します。

What’ s Staged Reading?

舞台美術・照明・音響・衣装などの演出効果に頼らず、役者の身体・動作・戯曲のみで構成されるワークインプログレスの一種。俳優は台本を暗記する必要がなく、本を手に持ちながら芝居が出来る。